読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUNだむ日記+plus!

還暦過ぎて腰も痛いので、よろよろ走ってます! RUNだむ日記【Returns!】もあります。

函館マラソンのこと・1

先日、といっても二週間以上前だが、函館マラソン関連の記事を書いた。書いたからには、それについての結果も書いたほうがいいか。

 

というわけで、26日の日曜日に函館を走ってきた。いろいろとあって、あまり練習ができないまま本番を迎えるので、良い記録は無理だ。完走だってどうだか怪しいと思っていたが、なんとか完走だけはした。5時間10分もかかったけど。

 

完走記を書く気はないので、あらましだけ。北海道民なら、その日は道南に限らずほぼ悪天候だったことは承知していると思う。数日前からの予報は傘や雨マークが連日しるされていた。昔のひとも言っている。天気予報は良い予報ははずれ、悪い予報は当たるものだ。

 

土曜日は午前6時に札幌を出発した。激しく降る雨と強風を含む、不安定なことこのうえない一日で、雨が上がる時間帯もあったが、おおむねひどい空だった。

道路には樹木の枝が折れ飛び重なっていたし、なにかヘンなものが飛んできてもおかしくはなかった。じっさい、八雲あたりでは対向車線でカモメが車にはねられ死んでいたし、僕の車にも風で飛翔不安定になったカモメが当たりそうになった。

 

家人の脚は立っているにしろ、歩いているにしろ、座っているにしろ同じ姿勢を続けていると病んでくるので、何度も休憩をしながら昼前に函館へ着いた。

 

f:id:navi1954:20160629230633j:plainf:id:navi1954:20160629230701j:plain

 

はじめに五稜郭の代志川(よしかわ)で昼食をとった。僕はカニクリームコロッケランチ、家人はひとくちハンバーグ。

 

つぎは墓参り。函館山の麓、外人墓地の近くにある墓地は海を見下ろす絶景のロケーションだ。風雨のせいか函館湾には見たこともないくらい船が停泊していた。ちょうど雨があがっていたので写真も撮れた。墓参り時はいつも晴れる。雨だったのは義母の納骨時だけである。入りたくなかったようだ。

 

 f:id:navi1954:20160629230743j:plainf:id:navi1954:20160629230744j:plain

 

友人夫婦が良い席をキープしてくれたので、函館競馬場へ向かい合流した。ひさしぶりに会ったが相変わらず仲の良い夫婦だ。10、11レースの馬券を買い、メインの大沼ステークスを的中。すこしプラスで競馬場をあとにする。

 

f:id:navi1954:20160629230745j:plain

 

5時すぎにホテルへチェックイン。風呂に入ったあと、徒歩で千代台陸上競技場へ行き受付を済ませる。その足で夕食の「鯉之助」へ。ここのうなぎは蒸してから炭火で丁寧に焼くので、ひときわふんわりと柔らかく口に含むと身がとろけるように美味い。超大奮発で、上うな重、ビール付き。明日のフルマラソン42.195kmのスタミナをつけた。完走間違いなしだ。

 

翌朝はバイキングの和食にした。イカ刺しが美味い。たっぷりと食べて会場に向かう。家人は膝・脚の状態が良くないので、沿道での応援はしないことになっている。

ひとりで会場の千代台陸上競技場まで歩き、Fラン(走友会)の集合場所を探したが見つからなかった。サブトラックの横と聞いていたが、それがどこをさすのか分からなかった。スタートまで時間がないし、しかたがないので所定の場所に荷物を預けて、整列地点に並んだ。

 

スタートロスは3分。昨年まではハーフの大会だったので、フルとハーフを同時にスタートするスタイルは初めてなワケだから、参加人数のわりに、ロスタイムがすこし多かったかもしれない。

 大会そのものは、予定どおり不安定な天候に支配され、穏やかになる時間帯もあったが、激しい風雨にさらされた。

 

途中、知らん顔をして追い越したY氏を咎め、厳重注意をしたり、赤いバンダナとグリーンTシャツの派手なN町の朝ラン部部長Kさんを見かけたりした。どうやら東京のSママともすれ違っていたようだ。Nさんは沿道で僕を応援をしてくれるついでに、夫Y氏の応援もしていた。

 

個人的にはアップダウンのきついコースだと感じる。高低差は序盤の8キロから17キロくらいがきついが、もっと苦しいのは30キロの跨線橋からともえ大橋の往復だ。とくに復路の大橋は多くのランナーが歩いていた。見知らぬランナーと「きっついですねー」と話し、「ここはエスカレーターが必要だろ」と励ましあった。

 

f:id:navi1954:20160629230746j:plainf:id:navi1954:20160629230747j:plain

 

沿道の応援はほかの大会に比べても多いと思う。この悪天候でさえ感じるのだから。終盤にはふくらはぎが何度も吊りそうになったが耐えた。正確には関門閉鎖時間はまったく知らないのだが、たぶん大丈夫だろうと思いながら走った。ぎりぎりでも完走できそうな気はしていた。じっさい5時間10分(ネットで7分)でゴールすることはできたのだった。

人生の暇つぶしだが、豊かな時間でもある。

さて。あと10日あまりで函館マラソン(6/26)である。 

なんと今年はじめてのレースだ。

 

昨年8月に整形外科で腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と診断され、ほとんど走れないまま北海道マラソンに参加し、あえなく12km余でリタイア。その後も満足とはほど遠い走りがつづき、10月の別海パイロットマラソンは5時間超のフィニッシュ。

そして来季こそはと、冬は無理せずじっくりほどほどに走り込もうと目論んだのだが、2月に家人の冬道転倒による複雑骨折事件がおきてしまう。それに関するエントリーにも書いたが、本人にとってあまりにも残酷で痛恨の事故であり、僕自身の食欲や走欲もなくす出来事だった。くわえて仕事の繁忙期、腰痛、帯状疱疹罹患ときては走れるわけがない。

 

けっきょく2月から4月のランは各1日、距離は合計でもたった40km余だったが、ゴールデンウィークを過ぎてからランを再開し、週に土日を含め少なくとも3日は走るようになった。腰の不安を抱えているので、そろりそろりの短い距離からはじめたが、ようやく日曜日には30km超のLSDができるまで復活した。

 

f:id:navi1954:20160614212258j:plain

(6月12日島松駅逓所往復LSD国道36号線/大曲)

 

自慢できる話じゃないけれど、走歴十数年だがひ弱なランナーである僕は、腰やひざ、すね、かかとなどを何度も痛めてきた。そのたびに針や整体などの治療を施したり、自らネットで情報を集めたり、安静を課したりしてきたのである。そしてそのあいまに頑張って、ほんのちょっとだけは自己ベストを更新してきた。誰かと比べるのではなく、当人比でささやかな成長を愉しんできたわけだ。それでも密かに人と競ったことがないわけではないが。

 

走り始めた頃から「ちゃんとしたトレーニングとケア」をきちんとしていたら、こんな僕でももう少しいい記録を残せたかもしれないが、そうだとしてもその記録は誰かと比べるとやはり見劣りがするに違いない。当たり前だ、オリンピック選手ではないんだし、せいぜい同レベルのランナーと比べての優劣にしか過ぎない。それでも人と競うことはよりレベルの高い成長を促すことだから、向上心がむくむくしているときは頑張った方がよいと思う。自分の限界に挑戦するとか、新しい自分を発見するためとかなんでもよい。もしかしたら誰かのためでもいいかもしれない。

 

僕はそういうものはもうない。もともと運動能力は低いし足も速くなかった。たしょう持久力があった程度だ。年齢でいえば同じ世代でもまだ記録を伸ばしている人はいるし、70代でも頑張っている人はいる。でも、いま自分自身のカラダの声を聞くと、あまり頑張りたくないと言っているのだ。仕方がない。正直になろう。たぶんここ一、二年(つまりは結果的に還暦後、だな)で気持が萎えてきたんだと思う。これは個人差というヤツだから無理することはない。

 

走ることが嫌になったわけではないし、むしろその逆。走ることは僕にとって欠かせない人生の暇つぶし、というと誰かに怒られそうだが、贅沢で豊かな時間の過ごし方でもあるのだ。つまりもっと愉しむためにも、ゆっくりめに走りつづけたいと思う。

 

というわけで、2016函館マラソン。自己ベストとかサブフォーとか、なにかしらの目標など何もないからね、ただゆっくりと愉しんで走るだけだもん、ということは上に書いた。昨日13日には事務局からナンバーカードや参加記念品等引換証などが届いた。いよいよだ。頑張らないとは書いたけれど、やっぱり大会当日になると、そのときに頑張れる範囲で頑張ってしまうんだよね。

 

公式サイトを覗いてみると、エイドは充実しているもようだが、残念ながら遅いランナーには恩恵は少なそうだ。「函館マラソン準備状況」というコンテンツ(まとめ)は読み応えがあって面白かった。いっきに読みたいという奇特な方はどうぞとのこと。

 

25日は早めに出発し墓参りの予定だ。マラソン当日は家人の応援はなし。また怪我をされてはたまらない。月曜日は休みをとる予定なので、走った後は大沼公園に移動することになっている。夏休み前の初夏の休日を楽しんでこよう。

太宰府天満宮のスタバと10宅論

今朝(2016.5.21)の「サワコの朝」のゲストは建築家の隈研吾さん。2020年・東京オリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザインをした。最初のコンペでザハ案に決定したものの工期・費用等いろいろと問題が起きて再コンペになったあの新国立競技場の設計である。「木と緑のスタジアム」をコンセプトにした案であり、聖火台を設置する場所がないというニュースも流れたりした。

www.mbs.jp

その番組の中で太宰府天満宮のスタバが紹介されたのだが、ここは一昨年、還暦旅行でカミさんと九州旅行をした際に二度も立ち寄った店だった。二人で「あーっあそこだ!」とテレビの前で叫んでいた。木材による伝統と現代の融合がなされた設計のスタバなのである。このデザインも隈研吾なのだ。もちろん当時はそんなことは知らない。とうぜん彼とは面識はないのだけど、1954年生まれの僕と同い年。この場所でカミさんを撮った写真もあったので、思わずライブラリを探してしまった。

www.starbucks.co.jp

f:id:navi1954:20160521221536j:plain

 

さらに奇遇はあるもので、不要になった文庫・雑誌等を今日処分しようと、数週間前にデパートの買物袋に詰めていた本の一番上に、なんと彼の著した本があったのだ。それがこの「10宅論」。「じったくろん」ではなく「じゅうたくろん」である。もちろん捨てるのはやめてもう一度読むことにした。すんでのところ、一命をとりとめたのであった(?)。恐るべし隈研吾

f:id:navi1954:20160521221819j:plain

今日はすこし遠回りで帰宅ラン

「RUNだむ日記+Plus」なのにランのダイアリーが少ない。

 

じゅうぶん承知している。いろいろと走れない事情があったので、まあ仕方がないと思ってはいるが、ゴールデンウィークを過ぎてようやく走れるようになってきた。

家人の骨折・入院にはじまり、仕事の繁忙期、自身の腰痛・帯状疱疹ときての走力減退があったので、ゼロとは言わないが、ほとんどイチからのランを8日から再開し数日おきに走っている。

 

昨年還暦も迎えたので、以前はたまに走っていた「早朝」ランを今年からはやめようと思っている。目を覚ましてすぐに走っていたのだが、それは心の臓とかにあまりよろしくない気がしてきたのである。かといって少し時間をおいて走るほどの時間的余裕はあるわけがない。仕事があるのだから。

 

そんなわけで今年は週末のランに加えて、平日の帰宅ランを週一くらいでやろうかなと考えている。今日も走って帰ってきた。先週は会社から最短距離で6.6km、今日はそれよりもちょっと遠回りした。はじめて一条橋経由で南郷通からの白石サイクリングロード入り。会社を出たのは6時だがこの時期なのでまだまだ明るい。

 

f:id:navi1954:20160518210033j:plain

東札幌1条2丁目。実質的な白石CRの起点。

 

f:id:navi1954:20160518210405j:plain

桜その一。上から目線。環状夢の橋(いま調べて初めて名前を知った)。

 

f:id:navi1954:20160518211259j:plain

桜その二。下から目線と月。

 

仕事帰りでサイクリングロードを歩いている人もけっこういる。もちろんランナーやウォーカーや犬の散歩もたくさん。ココロ穏やかになる夕暮れどきだ。

 

今年は10年以上参加していた洞爺湖マラソンをやめ、函館マラソンにエントリーしている。6月26日まであと39日。しかない のではあるが、別に自己ベストを狙っているわけではない(当たり前だ、ぜったい無理)し、完走さえできればうれしいので、39日もあるとも言える。すこしずつ距離を積み重ねていけばいいのだ。

 

今日はすこし遠回りしたので9kmの帰宅ランとなり、今月トータルで40kmを超えた。月末には100kmまでいくといいのだけど。

 

とうぜん、ゴール(帰宅)後はこうなる。

f:id:navi1954:20160518213340j:plain

お疲れさま!

疲れたカラダとココロに休息を。

49日、「元祖!くりやま老舗祭りに走っていく会2016」に参加し、浴びるように日本酒を飲んだ。このランイベントに僕はまさに第1回から参加している。しかし今年は家人が2月に雪道で滑って転び、複雑骨折で長期入院を余儀なくされたことにより、僕自身も気持的にダメージを受けてしまった。走る意欲が萎えてしまい、ふつうは月に100kmから150kmあるいは200km程度の距離を走るのだが、まったくと言っていいほど走れずに二カ月が過ぎていた。

 

週に1、2回走っていれば20数キロのイベントランはとくにどうということはない。ゆっくりと走るのだし。楽しく会話しながらのランは、距離を短く感じさせてもくれる。

だがこの二カ月ほとんど走ってないのだから、長距離を走る足はできていなかった。長沼スタートの14kmコースにすれば良かったのに、つい例年どおりの北広島スタートにしたため、その前に12kmを走らねばならない。合計26kmだ。けっきょく、まともな走りは前半だけで、後半はほかの方を待たせること数回におよび、たいへんな迷惑をかけてしまったのだ。恐縮しきりなのである。それでも風呂に入り、老舗祭りでは酒を飲み、みんなと楽しい一日を過ごすことはできた。

 

本題はここからである。

このランで翌日から腰痛がのこった。まあよくあることなので、ストレッチで少しずつ回復させていこうと思っていたがうまくいかない。数日後からは湿布を貼った。でも芳しくない。触ってみると右腰あたりがぱんぱんに張っている。しかも湿布に負けたのか、数カ所かぶれているようだ。しかたないので今度は患部をひと晩、冷やしてみた。それでも痛みは去らない。湿布もダメで冷やしてもダメなら、やはり無理せずにストレッチでゆっくりと癒すしかないか。

ところが、数日やってもぜんぜん良くならない。痛みは減るどころか日に日に増していった。

 

昨日の夜だった。

何日たっても良くならない腰を掌でさすっていてふと気づいた。この、ぶつぶつした患部は湿布でかぶれたのではなく発疹ではないのか? 皮膚病の発疹じゃないだろうか。だとすると、これはもしかしてよく耳にする帯状疱疹なのではないか? たまたま右腰に出て腰痛と勘違いしてしまったのでは? 家人にも確かめると同意した。

インターネットでも調べてみると、やはりかなり怪しい。ほぼ確定のような気がする。

 

f:id:navi1954:20160421205759j:plain

 

そこで今朝は皮膚科に直行したわけである。

受付のお姉さんに提出を求められ、保険証を忘れたことに気づき、とりに帰るという失態はあったが、無事に診察を受けることができた。

ズボンをおろし美尻な半ケツを医者に見せるなり「あー、典型的な帯状疱疹だね」という診断であった。こどもの頃に水ぼうそうを患い、潜伏したウィルスが年月を経て、過労・ストレスや老化などを引金に発症するようだ。運動とアルコールはだめ、栄養をとってカラダとココロを休めることと指導され、飲み薬と塗り薬を処方してもらったのである。

 

家人の手術・入院にともない僕のソフトなココロも痛み、毎日の家事があり、春なので本業の仕事も忙しかった。さらに総務・経理の実務なども加わり、自覚している以上にカラダも疲れ、さらにストレスもピークに達していたのだろう。

 

……などと、酒は飲めないのでお茶をすすりながらブログをアップするのだった。

トホホな一日。

f:id:navi1954:20160413220128j:plain

この手の二段の弁当箱はだいたいそうだと思うが、僕のものも下の箱にごはんを入れ、その上にフタ付きのひとまわり小さい箱におかずをのせ、さらにフタをかぶせるというものだ。写真もちゃんとそうなっている。だがここに至るまでの僕の苦労は誰も知らない。どうもダメな日は何をやってもダメで、勘違い、失敗、物忘れなどが重なり、今日はそれがとくに朝に集中した。
 
カミさんが不幸な骨折(幸福な骨折なんてないが)をして、二ヶ月になろうとしている。昨年夏の左ひざ半月板の手術・入院・リハビリを経てようやくほぼ完治が目の前まで見えていたのに、2月に横断歩道で転倒し同じ左足大腿骨などの複雑骨折をしてしまったのだ。先月末にH病院をいったん退院したが、今月4日から移転新規開院したSクリニックで再検査をうけた結果、初入院患者として集中リハビリをおこなっているのである。
 
前回もそうだったが、一人暮らしの生活はそんなにたいへんではない。もちろん掃除など至らぬところは多々あるが、その他の家事はさほど苦ではない。むしろ食事のしたくなどけっこう楽しむ余裕もあった。が、そうはいってもさすがに飽きてきて、夕飯を作ることはやや少なくなっている。
しかし昼の弁当は相変わらずけっこう作っている。週に3日くらいは作っている。ただ、毎度似たようなもので、ウィンナをタコにするわけでなし、キャラ弁でもない(当たり前だ)し、カラフルとはほど遠い色合いだ。
 
右はさんまの蒲焼き(缶詰)で下にキャベツ煮。真ん中は人参のごま油炒め。左は冷凍食品のカボチャフライとミニコロッケで下に野菜サラダを敷いている。朝からキャベツや人参を刻み、電子レンジやフライパンで調理し弁当箱に詰めたのである。おかずは多めだったはずだが余裕で収まった。つぎにごはんを詰めようとすると、おかず用の小さめの箱しかない。またやってしまった。ごはん用の大きい箱におかずを入れてしまったのだ。これ、前もやってしまったことがある。しかたない。入れ替えることにした。おかずを入れてしまった箱は油まみれなので洗わねばならない。しかも蒲焼きの汁がシャツに飛んでしまったではないか。洗濯機をまわすヒマはない。とりあえず洗面器で予備洗いをし浸けておき、帰宅してから処理することとした。ただでさえ時間のない朝になにをやっとるんだ。
 
一人暮らし中の僕の朝メシはほとんどパンである。トーストが多いがサンドもたまには作る。だいたいは紅茶を飲みながら食べる。今朝も弁当のおかずを作りながら、ほどよいタイミングで紅茶を入れた。できる男は時間をうまく使わねばね。
バターとジャムを冷蔵庫から出して準備する。さてパンを焼くか。
 
あっ! ……パンがないではないか。先週もやったのに、またやってしまった。
しかたがない。ごはんにする。
さいわい、弁当のおかずを小さいほうに入れ替えたので少し余っている。これをおかずにできる。明太子のり(江戸むらさきみたいなの)もあったし。味噌汁かお茶をいれようと思ったが、せっかく入れた紅茶があるので、むりやり紅茶でご飯を食べた。ちょっと微妙だったがそれなりに美味しく朝ごはんをいただいたのであった。
 
新聞の天気予報は午後遅くから傘マークだった気がしたので、家を出る際にあわてて長い傘を持った。しかし、出勤途中ほとんど誰も長い傘など持っていない。おそらく折りたたみ傘はバッグに入っているかもしれないが。しかも僕は会社にいつも予備の傘を置いているのである。思考能力ゼロだ。
 
朝はそんなことがあったが、お昼の弁当は無事にすませた。
とはいえ、後からよくよく考えると別にごはんはその小さめの箱に入れても良かった気がする。たしょう炭水化物が少なくても何のモンダイもないじゃないか。なんだったのだろう、朝のドタバタは。
 
午後は経理と総務の仕事で銀行とデパートに行った。出かける前には、用事が済んだらたまにコーヒーでも飲むかと思っていたのに、すっかり忘れてまっすぐ会社に帰ってしまった。
 
僕が帰宅する時間帯に雨はけっきょく降らなかった。長い傘は無駄になったのである。
もう今日という日はなかったことにしたい。
が、あまりに情けないので日記に書き留めるのであった。

 

ふたつの自問

 自分は何歳まで生きるだろうと考えることがある。
 
 人は誰でもそういうことを考える。犬や猫は考えない。いや、猫は考えてるかもしらん。薄目を開けて哲学的な思考に耽っているところを邪魔すると、さも軽蔑するような仕草で無視されたりする。寿命について考えていたのかもしれない。
 

f:id:navi1954:20160407211235j:plain

 
 僕はこどもの頃「死」が怖かった。今でも怖い。しかし誰も死ななきゃ地球は人で一杯になってしまう。日本は小さな島国だから、はやい段階で人間が溢れ、確実に海岸線からドボドボとこぼれていく。そうなったら困るので、生まれたら死ななければならない。
 
 そこで、冒頭の「自分は何歳まで生きるか」である。つまり何歳で死ぬかだ。もちろん分からないし歳の順でもない。金を持っていようが、いい人だろうが、犯罪者であろうが関係ない。長距離を走るのが好きでも嫌いでも、好きな人がいてもいなくても、死ぬときがきたら死ぬ。どんなに健康に気をつけていても平均寿命より早死にすることはある。
 
 同じような自問で、何歳まで働くかというのもある。経済的な問題だけなら、もともと恵まれた家系の方や、がんばって財産を築いた方は悠々自適、思いのまま暮らせばよいし、そうでなければ歯を食いしばって働くしかないのだがそれだけではない。なにしろ、いきがいとか使命とか面倒くさいことも絡んできたりする。僕の場合は超零細だが経営をしているので、この会社をどうするかというモンダイも大きい。会社をたたむのはタイヘンだ。M&Aだってもっとタイヘンなのである。
 
 還暦を過ぎたからこのふたつの自問は、じっさいは隣り合わせである。望んだ訳ではないが生まれてきて今日まで生きてきた。人生の意味を深く考えれば考えるほど、意味はさほどない、という答えに辿りついてしまう自分がいる。猫より劣るかもしれない。せっかく生まれてきたんだから楽しんでいけば? と人ごとのように思ってしまう自分がいる。
 そんなニヒリズムにも似た思考から導きだされるものはたいした結論ではない。そもそも先の問は自分で出せる答えはないし、後の問はけっきょく、自分が決めるしかない。
 
人の生きざまや死にざまを本で読んだり、テレビで見たりすると我が身を省みる。しかし無名の男がただただ、あがいて生きているだけである。
 
今夜はしとしと春の雨。ぬる燗が旨い。
 
ひっく。