読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUNだむ日記+plus!

還暦過ぎて腰も痛いので、よろよろ走ってます! RUNだむ日記【Returns!】もあります。

だが、こころはランナーだ。きっと。

ここのところ、まったく走ってない。

 

1月に100kmを超える距離を走り、2月もそのくらい走れればいいかと思ってはいたが、上旬に一日走っただけでその後は走ってない。3月に入ってからも1kmも、いや1mさえも走ってない。走れなかった。

 

もう40日近く走ってないことになる。はじめの十日ばかりは、風邪ではないけれどそれに近い体調がランを控えさせていた。ところがカミさんの骨折(2月15日)以降は、精神的にもへこみ、走る気そのものがまったくなくなってしまった。ちょうど仕事が忙しい時期に入ったのもある。一人暮らしの炊事(毎日ではないけれど弁当、夕飯づくりも)、洗濯(週一か二)、掃除(たまに)、雑用(いろいろ)。仕事は通常業務と経理等の事務や金策も。加えてカミさんの見舞いと用事たし。なんだかヘトヘト感がいっぱいで、走る気になれないのである。走ると洗濯ものが増えるし。いつもなら朝ランを楽しむ出張も、今回の道南はランの準備さえしなかった。

 

例年出場する5月の洞爺湖マラソンを走るためには、2月のトレーニングも脚づくりに必要だ。しかし幸か不幸か今年のフルは6月の函館マラソンと考えている。1ヶ月以上遅くなるので、トレーニングの遅れもまあ何とかなると思っているものの、すでに3月も中旬になっている。

 

いくらなんでも、そろそろ走らねばと思ってはいるのだが、明日もたぶん走らない。病院にも行くし、買物にも行くし、コンサドーレのホーム開幕戦だし、つまりビールも飲んじゃうし。きっと走れない。走らない。

 

でもいいのだ。だてに年をとってきたわけではない。別に強迫観念に捕われることはない。そもそも、記録を狙うこころざしがもうない。残念だが、ベストタイムを更新するとか、4時間を切るとか、昨年の自分を超えるとかそういう妄執(?)がない。走っても走らなくても、いっこうに構わない。

 

だが、こころはランナーだ。走るのが嫌いになったわけではない。もしも許されるなら大往生(?)する前日も10mくらいは走りたい気持ちがある。きっとそのうち、ふと窓から晴れた空を見て、とつぜんランニングシューズの紐をきゅっと結び、走り出しているに違いない。たぶん。