読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RUNだむ日記+plus!

還暦過ぎて腰も痛いので、よろよろ走ってます! RUNだむ日記【Returns!】もあります。

あと10日。別海パイロットマラソン

前回の記事からまた1ヶ月経ってしまった。

せめて月一くらいはアップしないとなーとは思っているので、今日はあと10日に迫った別海パイロットマラソンのことを書くことにする。

 

別海パイロットマラソンは、はっきり言うと地元や周辺地域以外のランナーは参加しにくい大会である(個人の感想です)。いまひとつ交通の便が悪いのだ。札幌から行くには釧路までの都市間バスまたはJR+有料シャトルバスなど、あるいは飛行機で中標津空港か釧路空港+路線バスなど、あるいはマイカーかレンタカーとなる(が400km以上ある)。当日帰りなのか後泊するかにもよるが、バスは本数が少なく時間の融通があまりきかないので、いろいろスケジュールの制約があるのだ。道外からの参加にしても同様である。もっとも都市マラソンでない限りは、どこの地方大会も似たようなものかもしれないけれど。

 

しかし別海パイロットマラソンは、参加者には地元特産の乳製品詰合せ、完走者には別海町産鮭丸ごと1尾(箱入)、オリジナル特大バスタオルなど豪華な景品がある。ゴール後はスポーツドリンク・牛乳・秋味鍋・豚汁の無料提供もあるし、前日の開会式では抽選によるプレゼントもある。これで参加費5,000円なので、とても魅力的な大会ではあるのだが。

 

2013年に初参加してから今年でもう4年目になる。過去3回の結果については、ここに誇らしげに記すほどの数字はなにもない。が、今年はどんな走りを目指すのかと考えたときに、反省を含めて振り返るのもいいかもしれないので、JOG NOTEの記録を調べてみた。

 

制限時間5時間20分なので過去3回とも完走はしている。

初参加の2013年は4時間35分。ゴールの1キロちょっと前で、名前を呼ばれ振り返った瞬間に足を攣っている。沿道で応援をしてくれていた女性が名簿を見ながらゼッケンで名前を確認していたと思われるが、僕としては誰か知り合いに呼ばれたかと思い不自然に体をねじって振り返った結果だ。倒れた僕を近くの方たちが介抱してくれた思い出がある。しかし足が攣らなければ、たぶん4時間20分くらいでゴールしていたのではと思う(ホントか?)。

 

2014年は5時間6分だがまた足を攣った。2015年は足を攣らなかったのに5時間5分。まあ要するに、結果の出ていない大会なのである。

 

別海のコースはフラットなのでいいタイムが出るよ、と誰かに聞いたのが初参加のきっかけだったのに、残念ながらいいタイムを出したことのない大会なのだ。この大会に限らず、年齢を重ねるにしたがい膝や腰や股関節などあちこち痛みの連鎖があり、なかなか「普通」に走ることさえ難しいのだが、今年の別海はすこしだけ「普通」に近い状態だ。もちろん50代の全盛期(?)にはほど遠いが、昨年や一昨年よりは走れるような気はする。別海ベストが出るとすごくうれしいけれど、そこまでいける自信はない。しかし楽しんで完走したいとは思う。

 

移動手段はいろいろ悩んだが、今年は初めて自分の車で往復することにした。月曜日は仕事を休むことにしたので、ゴール後は士幌まで移動し温泉泊にした。ぜひとも気持ちよく走って、ゆっくりと温泉に浸かりたいものである。

 

f:id:navi1954:20160922210927j:plain

昨年の様子(スタート前)